月別: 2020年4月

警備員の仕事は誰でも応募できる?学歴などが影響したりするの?

資格がないと警備員になれないか医師や弁護士など資格を持っていないとできない仕事がいろいろあります。アルバイトの求人と言えばだれでも応募できるイメージがあり警備員の募集も比較的多く出ています。そのため気軽に応募する人もいるでしょうが、実は警備員の仕事をするには資格が必要になります。では資格がないと応募…


こんなにあるの?ドライバーが携わる仕事の種類

幅広い年齢で活躍できるトラックドライバートラックドライバーは、中距離や長距離を中心に仕事をするのが仕事です。全国各地へ大型トラックで荷物を運びます。トラックドライバーは、大型免許さえあれば年齢問わずに仕事をすることが可能です。目的地に荷物を届けるのため、基本的に一人で仕事を行います。自分のペースで仕…


ドライバーになるなら福利厚生がいいところを選ぼう

万全のバックアップ体制ドライバーとして働きたいのであれば、万全のバックアップ体制が整っている会社を選びましょう。 例えば、運送会社の場合。トラックドライバーは、運転する車種によって必要な免許が異なりますが、小型トラックであれば普通免許さえ持っていれば誰でも採用されることがあります。ただ、給料がそこそ…


就職を考えるなら押さえておきたい!ドライバーの仕事のメリット・デメリット

ドライバーの仕事のメリットまず挙げられるメリットは収入が比較的安定しやすい点です。ドライバーの種類にもよりますが、平均月収はおおよそ20~35万。歩合による部分もありますが、基本給と歩合給のバランスが良い会社を選べば、月々の収入をある程度安定させることは可能です。また、働きぶりによって収入がアップし…


こんなにあったの!?ドライバー仕事の資格

運転するための資格とはドライバーとして働くためには、運転するための資格が必須です。普通運転免許を持っていると軽バンでの配送が可能になります。ドライバーを希望している方は、持っている免許がAT限定であるかどうかは確認しておきましょう。配送業者によっては、マニュアル車が多いため、AT限定免許取得者は応募…


こんな方法もあり!?意外な仕事探しの方法!

自身の人脈を使ってみる!知人や知り合いのつてを頼って就職先を探す方法です。大学のゼミの教授、友人、先輩、会社の同僚などに現在仕事探しをしていることやよい就職先があれば紹介してほしい旨を相談してみます。この方法の良いところは、人柄や仕事ぶりが相手には分かっているので、容易に面接にたどり着いたり、採用さ…


就職で失敗しないための求人選びのポイント

理想とする将来像を明確にする就職で失敗しないためにまず考えておきたいのが、理想とする将来像を明確にすることです。将来的にどのジャンルの企業で、どのようなポジションに就きたいのかを、可能な限り明確に考えておきましょう。もし、将来的に企業の幹部として活躍したいのであれば、管理職の候補となる職種で入職する…


求人を探す前に知っておこう!ドライバーの仕事のメリットとデメリット

メリット1:ある程度自分のペースで仕事ができるドライバーの仕事のメリットとしてまず挙げられるのが、ある程度自分のペースで仕事をすることができる点です。例えばタクシードライバーであれば細かく予定が決められているわけではないため、勤務の最初と最後に事務所に立ち寄る以外は自由に行動することができます。また…


子どもと親の身近な専門職である保育士の仕事とは!?

子どもだけでなく親にともっても身近な存在に保育士が働く職場の中でも、保育所や認定こども園は、親と最も近い距離に存在する児童福祉施設です。これらの施設に勤めている保育士というのは、親にとって身近な専門職の一人になります。また、子どもにとっても身近な存在であると同時に、保護者に対して深い理解が可能な支援…


仕事探しをする際にチェックすべきポイントとは?

企業によっては入社特典を設けているところがある仕事探しをする際に、多くの人は希望条件を明確にしたうえで、それに合った求人を探して応募するというやり方をとるのではないでしょうか。そのやり方自体は否定されるものではありませんが、希望条件にこだわりすぎていると、せっかくの好条件の求人情報を見逃してしまう恐…