産業を支える仕事の一つ「プラント管理」ってどんな仕事なのか


安定して商品を作るための施設

プラントは一つの製品を作る際に必要な設備を設置した大型の工場であり、大量の機材と人材を配置することによって安定的に商品づくりをするところです。わかりやすい例でいえばチェーン展開をしている飲食店が行っている、各地に調理をするために専用施設「セントラルキッチン」になります。たとえばハンバーグを作る場合において、お肉の加工とソースを一緒にしてしまうと手間がかかります。

そこでセントラルキッチンではお肉の加工とソースを作る場所を分けることによって、最高の状態で各店舗に供給できるようにしているのです。様々な部門でも同じように、それぞれの部品を製造するのに専用の施設を作ることで作業工程を効率化し、常に高品質の商品を作るのがプラントの役目です。

プラントを最高の状態で維持するのが仕事

大手の産業においてプラントの重要性が高いことによって、各企業がこぞって募集している人材というのが「プラント管理」です。プラント管理は、施設内の情報を把握し常に安定供給できる環境を維持するのが仕事になります。プラント管理は現在稼働している設備の情報を把握するだけでなく、製造に使われるコストの情報を集約をします。そのうえで足りない要素があれば本社に伝えて設備投資ををしてもらいつつ、何らかに問題があれば集約した情報から最善の手段を講じることでリスクを回避するのです。

製造の安定供給を守るための職場なので重責を担うことになりますが、その分だけやりがいのある仕事といえます。このプラント管理で働くためには必要な国家資格はないのですが、食品であれば衛生管理士など現場に合わせた専門知識や資格を入手しておくことが大事です。

プラントの施工管理には一つ一つの設備に対する細かなアフターケアが必要なので、大手よりも中小企業への委託がお勧めです。